« クリスマス サロンコンサート2007 動画 | トップページ | 受験生の皆さん 桜咲くこと願っています »

クリスマス サロンコンサート2007 レポート

P1010091_2 クリスマスイブ。今年で第3回目となるサロンコンサートが学校の椎の木ホールで実施された。昨年は、坂本女史が出演し好評を博したが、今年は、第一回でお世話になった日本フィルハーモニー交響楽団(以降日フィルと略す)の方々にアンコール出演。

当日、会場は、160名を越える方々が集まる。長崎、千早の地域住民の方がざっと半分。そしてPTA関係者。ホール入り口では、ワイン他飲料水カウンタが設置される、昨年の紅茶ケーキとは、また違った趣き。ワインは白、赤、ロゼ、そして素敵なシャンパングラス。米国東海岸のボストンポップスのお酒を飲みながらの演奏鑑賞の会場を彷彿。音楽、お酒は万国共通。冒頭に、校長から 「学校は地域への文化発信の機能を持つべきだ」との基本理念のお話

演奏は、柔軟取り合わせた選曲で、皆を唸らせる。プログラム最後の曲は、バッハのカンタータ147番のコラール「主よ人の望みの喜びよ」。賛美歌として有名。会場のあちこちから歌う声が聞こえてくる。これには鳥肌がたつ。アンコール曲が演奏されて団員が一度、退出。それでも拍手が鳴り止まず、校長が、再度、演奏を依頼。「星に願いを」が演奏される。そして、豊島区役所の部門長や区議の方の挨拶で、万歳三唱も行われ 130%に盛り上がり演奏会はブラボーの声の中、終了。

反省会が椎名町の某所で実施された。音楽、経済、政治、文学・・・・活発な論議が交わされる。演奏者の方々より、「参加者の息遣いが聞こえてきたので、いつも以上に演奏に力が入って感激した」とのうれしいお話があった。日フィル事務局長の方よりは、年明けに実施される日フィルの演奏会の紹介もあった。娘の勤務先の冠企画が偶然あり驚く。学校側からは、終了後の来場者のお礼の仕方が、型通りでないことが伝わり感激したとのお話あり。「普段着で超一流の演奏を聴く」をまさに地でいくコンサートとなったと感じる。私の席の前には、学校から徒歩1分にお住まいの昭和4年生まれで我が母校長崎小学校出身の田畑女史。私の父と小学校同期。夫に先立たれて一人暮らし。地域の回覧板でこのコンサートを知り、参加したとか。大感激されていた。うれしかった。ブラボー城西 ブラボー日フィル 

関連サイト 日本フィルハーモニー交響楽団 豊島区立長崎小学校 ボストンポップス http://ameblo.jp/oisiibangohan/entry-10040319195.html  http://www.bso.org/bso/index.jsp;jsessionid=W41T0BNOB5I2WCTFQMGCFEQ?id=bcat5220105 

カンタータ第147番 BWV147 より《主よ人の望みの喜びよ》

当日の動画

文責 赤羽@pta-ob会広報

P1010087 P1010090 P1010089 P1010085 P1010083 P1010084 P1010095

|

« クリスマス サロンコンサート2007 動画 | トップページ | 受験生の皆さん 桜咲くこと願っています »

「pta-ob会 城西」カテゴリの記事

コメント

いつも御苦労様です。今年もお世話になりますのでよろしくお願い致します。

投稿: yajima | 2008年1月18日 (金) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18931/9765721

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス サロンコンサート2007 レポート:

« クリスマス サロンコンサート2007 動画 | トップページ | 受験生の皆さん 桜咲くこと願っています »