« メタボ対策座談会企画案 | トップページ | 役員会開催 08年5月17日(土)14時~ »

創立90周年記念 生徒と父母のための音楽鑑賞会

P1010195_3 P1010196_2

生徒と父母のための音楽鑑賞会に参加しました。
有休休暇を取得し万を持してでしたが、諸般事情
で1時間遅刻。7番は終わっておりました。
大好きだった題名のないベートベンシンフォニー7番。
生で聞きたかった。

7番以降の演目でチャイコの1812年は初めて拝聴。
これは凄かったです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~eis/j/mmf/1812.mid
仏国歌のほかにも、どこかで聞いた名曲の一部が登場。
そして城西学園吹奏楽部の面々もゲネプロでしごかれ
た成果を存分に発揮してました。

日フィルの方々を見ると、クリスマスコンサートで
お世話になった楽団の方々が目に入りました。思わずにやり。
コントラバスのピッチカートの音がビンビン聞こえてきました。
やはり生は凄い。
数日前に日本武道館で全日本柔道選手権を観戦。
井上の最後になるであろう内股を見ましたが、
これもテレビではわからない会場の
息づかいは、あの場にいないと説明できません。
畳を摺る音、バスのピッチカートも、生が最高です。

Mrt0804061959000n1

チャイコフスキーの「1812年」について、本ブログを見てくれた方
からメールが入電。もう1曲は、ロシア国歌とのこと。
時代背景からすれば旧制ロシア国歌。

そこで疑問がでました。
世界史の教科書を紐解かずとも、
旧制ロシア→革命→ソ連→崩壊→現ロシア
この間、国歌はどうだったのか。
ウェブで調べると、音楽の改ざんもあったとか。
学術的な言い方をすれば
「ロシア革命とソ連崩壊時の国歌の変遷における一考察」

しかし、チャイコの曲は音符が世界に流布されており
改ざんは難しい。

http://www.geocities.jp/machi0822jp/russianempire 

過日の音楽会会場では、メロディは旧制ロシア国歌の
意識なく、クラシック音楽の一つって感じです。

                                                                                                            

|

« メタボ対策座談会企画案 | トップページ | 役員会開催 08年5月17日(土)14時~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創立90周年記念 生徒と父母のための音楽鑑賞会:

« メタボ対策座談会企画案 | トップページ | 役員会開催 08年5月17日(土)14時~ »