« 城西の星、高橋慶彦選手の講演会 | トップページ | 第13回 鎌倉歴史文学散歩参加 »

冬休みにお奨めの本 学園の生徒諸君へ 

城西学園の歴史好きの生徒さんに、冬休みに読んでほしい1冊です。
・高校生に語る『それでも日本人は戦争を選んだ』加藤陽子著 朝日出版社
 
http://www.asahipress.com/soredemo/
東大教授の加藤陽子さんが神奈川県の私立男子名門高校「栄光学園」で歴史に関する特別授業をした内容をまとめています。日清日露日中ww2を従来とは目線を変えて論じております。 歴史好きの私には、身震い。時代を超えて、日米国民が現実の政治経済を誤解して戦争突入や恐慌に突入する状況を理解できます。経済の状況と重ねても読むことができます。世界史が受験科目であれば、教科書で一通り近代史をさらった後に副読本として読むと暗記した内容が強固になると思います。それ以上に、日本人としての歴史観に重みが増すかもしれません。

Soreddemo 

|

« 城西の星、高橋慶彦選手の講演会 | トップページ | 第13回 鎌倉歴史文学散歩参加 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みにお奨めの本 学園の生徒諸君へ :

« 城西の星、高橋慶彦選手の講演会 | トップページ | 第13回 鎌倉歴史文学散歩参加 »