« 2018年7月 | トップページ | 2020年8月 »

我を無に

久々の投稿です。
還暦を迎えました。同輩、先輩の訃報が届くと
寂しい気持になります。残っている者が、伝統なり
風習を守っていかないと・・・・・・

そんなことを考えておりました。

そして、年号が令和に。
令は、「一同、令」といった時にも使います。
お辞儀といいますか、頭を下げる。祈ること、
拝むこと。おがむとは、我を無にするとも言えます。

生きるか死ぬかといった世相から、令和は、
我を無にして、お祈りをすることを尊ぶ時代になってほしいと
思う次第です。

一読いただき感謝。

赤羽俊一

 

 

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2020年8月 »