城西学園混声合唱団 定演 ゲネプロ見学

明日16日の定演のゲネプロを見学に行きました。
素晴らしいハーモニーです。
そして、黒田先生の熱血指導。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第50回城西学園吹奏楽部 定演

1年待った部の卒業

仕事の都合がうまくつき、18:30前、練馬文化会館大ホールへ。
舞台の部員が多いのにびっくり。
311の影響で、昨年の定演ができなかったことを、昨年のブラス
部長の挨拶で知りました。これでやっと部を卒業できますの言葉に
ほろり。舞台の現役ブラス部員は、泣いている方も・・・・
粋な計らいだと思います。学生のオケやブラスの定演は、結構
行きましたが、ほろっとしたのは初めてです。
とっても感動的な50回の定演。平日ゆえ、なかなか行けなかった
定演。いやああああ、来てよかった。
私が座った席に後ろには、東谷前校長。
演奏もミュージカルあり、歌謡あり、テレビドラマ等々、エンタメ
を意識した内容です。生歌の登場。感激。そして最後は八木節。
奇跡を生む音楽だとか。ペット吹きとしては、ハイB♭以上の音域
をソロする部員さんが羨ましかった!!!!!


感激しました。
http://www.youtube.com/watch?v=sa54cI7UT2o&feature=youtu.be



20120330_josai_bras_teien_001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回定演 城西学園混声合唱団

ジュピター

昨年に引き続き、定期演奏会に。昨年秋に入部して練習に参加したものの、毎週の練習についていけず落第した私でしたが、団員各位の歌声が耳に残っております。東日本合唱祭や夏合宿はさぞ楽しかったのではないでしょうか。音楽スポーツは国境がありません。素晴らしい趣味です。区民センタ文化ホールは、ほぼ満員。東谷校長が退任するご挨拶もあり、なんとなく会場は、熱気ムンムン。合唱は、なんとも素敵な歌声でした。やはりカレッジソングが良かった。手話付きの合唱も良かった。指揮の黒田先生、ピアノの渡部先生。そして、あの伊藤先生が保護者であることを始めて知りました。豊島区の第二区歌「豊島みらい」の編曲もされてます。混声合唱団の発展を祈願しております。

校長挨拶

手話付き合唱

20100322_0012 20100322_0023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父母地域教職員合唱団コンサート 結成15周年記念

動画 父母地域教職員合唱団コンサート
動画 父母地域教職員合唱団コンサート
by 1984

2月21日、城西大学紀尾井町キャンパスにて実施されました。地域を巻き込んでの企画。今年で結成15周年。城西大学水田理事長も駆けつけていただく。素晴らしいコンサートになりました。BASSメンバーの増強が必須です。指揮者の黒田さんのトーク、合唱団「大塚」とのコラボも最高でした。まさに地域との融合。荒城の月、素晴らしかった。校長のいつかは自前のコンサートがしたいが実現しました。

懇親会は、ホールと同じ建屋にある会場で実施。長崎1丁目の鈴木精密さんの方と懇親。地元の話に盛り上がりました。

ない、会場受付には、OB会から花が贈られました。

Img_0168 Img_0170 Img_0173 Img_0174 Img_0175 Img_0176 Img_0177 Img_0179 Img_0180 Img_0181 Img_0182 Img_0183

20090201_031

20090201_032

Kioicho_img01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創立90周年記念 生徒と父母のための音楽鑑賞会

P1010195_3 P1010196_2

生徒と父母のための音楽鑑賞会に参加しました。
有休休暇を取得し万を持してでしたが、諸般事情
で1時間遅刻。7番は終わっておりました。
大好きだった題名のないベートベンシンフォニー7番。
生で聞きたかった。

7番以降の演目でチャイコの1812年は初めて拝聴。
これは凄かったです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~eis/j/mmf/1812.mid
仏国歌のほかにも、どこかで聞いた名曲の一部が登場。
そして城西学園吹奏楽部の面々もゲネプロでしごかれ
た成果を存分に発揮してました。

日フィルの方々を見ると、クリスマスコンサートで
お世話になった楽団の方々が目に入りました。思わずにやり。
コントラバスのピッチカートの音がビンビン聞こえてきました。
やはり生は凄い。
数日前に日本武道館で全日本柔道選手権を観戦。
井上の最後になるであろう内股を見ましたが、
これもテレビではわからない会場の
息づかいは、あの場にいないと説明できません。
畳を摺る音、バスのピッチカートも、生が最高です。

Mrt0804061959000n1

チャイコフスキーの「1812年」について、本ブログを見てくれた方
からメールが入電。もう1曲は、ロシア国歌とのこと。
時代背景からすれば旧制ロシア国歌。

そこで疑問がでました。
世界史の教科書を紐解かずとも、
旧制ロシア→革命→ソ連→崩壊→現ロシア
この間、国歌はどうだったのか。
ウェブで調べると、音楽の改ざんもあったとか。
学術的な言い方をすれば
「ロシア革命とソ連崩壊時の国歌の変遷における一考察」

しかし、チャイコの曲は音符が世界に流布されており
改ざんは難しい。

http://www.geocities.jp/machi0822jp/russianempire 

過日の音楽会会場では、メロディは旧制ロシア国歌の
意識なく、クラシック音楽の一つって感じです。

                                                                                                            

続きを読む "創立90周年記念 生徒と父母のための音楽鑑賞会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)